山荘Hanaki

山荘HANAKI

営業時間
10:00~夕方
店休日
詳細は電話してみて下さい
住所
広島県山県郡安芸太田町小板1309-3
電話番号
0826-29-0278
その他
行く前に電話した方が安全かも
中国山地の奥地、八幡高原にひっそり佇む究極の隠れ家!!

三段峡よりさらに奥地、八幡高原の木立にひっそりと佇む小さな建物・・。大自然に囲まれた森の珈琲店、山荘HANAKIは知る人ぞ知る男の究極の隠れ家(もちろん女性もOKです)。人の気配のまったく感じられない山奥で、哲学者然としたダンディーなマスターが出迎えてくれます(62歳で現役リタイア後、広島市内からここに移って新たな人生を過ごしているとの事です)。

あたりは文明の活動から完全に隔離された感がありますが、森とは案外騒がしいもの。人がいない分、鳥たちがすぐ近くでさえずっており、珈琲を飲むのにこれほど適した場所があろうかと思われるほど。時間の流れは恐ろしいほど緩やかで、日々の喧騒に囲まれた生活や、無駄なものに振り回される価値観を冷静に見つめ直せる心境に・・。

珈琲やハーブティー、おつまみのチョコレートとともにマスターとの会話が弾む素敵な空間。もちろんバードウォッチングをするもよし、ボーっと森を眺めるもよし。ついつい時間を忘れて長居をしてしまうとても居心地のよい秘密の隠れ家です。

  • 絶好の隠れ家!!
  • すぐ近くで鳥のさえずりが・・。
  • 時間の流れがとにかく緩やか。

マスターは散歩中との事。『中で休んでいて下さい』との文言に人柄が滲み出しているように思えます。マスターはこの後、10分ほどして戻られました。

天井の高い独特の造り。広島の建築家、今中氏(故人)によるもので今中建築と呼ばれているもの。今中建築は広島県内にいくつか存在しており、その方面の方たちからの注目はかなり熱いのだといいます。

山奥カフェの定番、薪ストーブ。この日は4月にもかかわらず、朝は氷点下だったそうです。それでも昼には気温も上がり、本当にすぐ近くで鶯の泣き声が。

山荘HANAKIの入り口
モニュメントのような門構え
自然の広がる窓外から光が差し込む店内
外には手作りの水桶。
建物や調度類から滲む渋み
テラスにつるされたランプ
入り口石段。きれいに清掃されています。
帽子を持った室内モニュメント
窓外の鳥かごに野鳥が遊びに来たようです