antenna

antenna 大崎上島

営業時間
閉店しました・・
営業日
木曜~日曜祝日
住所
広島県豊田郡大崎上島町中野1841-12
電話番号
090-2906-0930
ホームページなど
http://www.osaki-kamijima.jp/antenna/
その他
外国人がいる事が多い
黄金の島に異空間的なカフェを発見。

※このお店は2015年3月末で閉店しました

竹原市の沖に位置し、今なお橋で連結されていない大崎上島。かつては造船で栄え、黄金の島とも呼ばれたこの島でカフェと言えばここ。オーナーの 森ルイさんは警視庁の白バイ隊員を経た異色の経歴の持ち主で、しばしばメディアにも取り上げられる、ちょっと名の知られた方。

カフェメニューは本筋としてはシンプルながらも多彩な展開で、海外産と島内産が同居する先端チョイス。店内には地元の特産品や福祉関連NPOが生産した加工品、海外の小物などが多数。お店のスタッフも外国人である事が多く、一見して島内における異空間である事が伺えます。なぜ外国人がこの島にいるのかと言えば、オーナーの森氏がWWOOF(ウーフ)のホストをやっているからなのだとか。

WWOOFは労働力を提供する代わりに食事や住居を得るライフスタイルで、これを利用して、短い者は3日、長いものでは半年くらいこの島で過ごして行くそうです。 一見過疎が進む離島のイメージがありますが、実際には森氏の他にも鋭い感覚を持った人材がしばしば移り住んで来るという不思議な魅力を秘めた島。フェリーで海を渡っていく価値はありそうです。
  • 広々とした、ここだけ別空間
  • 外国人がいるかもしれない
  • 意外感がいい

広々としてかなり贅沢な配分の店内。テーブルは造船所などから頂いたものを再利用しているのだといいます。倉庫系ながら温かみがあるのはハートとセンスのなせるワザ!?

NPO法人によって生産されたジャム。バリエーションの多さもさるものながら、どれも聞いた事のない名前ばかりで興味をそそられます。パッケージのデザインも質が高く、完全に福祉の領域を超えたもの。一般的には辺境とされる島嶼部でこの品質が当たり前に存在している点に、この島の懐の深さを感じます。

当日たまたまウェイターをやっていたナイスガイ。顔立ちや発音からギリシャ人のように見受けられますが、詳細は定かではありません。ちなみにWWOOFをする人たちをWWOOFER(ウーファー)と言うそうです。