珈琲山荘ノデュス

珈琲山荘ノデュス
nodus02nodus09nodus15

営業時間
10:00~夕方くらい
営業日
土日月と祝日に営業
住所
広島県広島市佐伯区湯来町大字麦谷街平228-1
電話番号
090-1339-2281
ホームページなど
----
その他
冬期休業
dd
小滝も落ちる自然の中で、珈琲と贅沢ランチはいかが!?

湯来町と加計を結ぶ国道433。太田川源流の一つである水内川に沿った旧道に目立つ赤い屋根が目印の田舎カフェ。特徴のある山小屋風の建物は、今中建築として知られる、一部ではかなり有名なものだといいます。田園と自然の中において、あるべき場所にあったと言わしむる秀逸なもののように思えます。お店自体はScince1987という事で、この業態としてはかなりのロングラン。店の前のバス停の名前が『珈琲山荘』というように、既に地名として定着するほどの年代を経ているという事なのでしょう。

料理にはかなり定評があり、事実この価格ではありえないボリュームと質の高さにただただ驚かされます。テーブル一つの小さなテラスは小滝に面し、田園や川も見渡せるというので、お得感、満足感の非常に高まるポイント。春秋の晴天時は仕事を休んででも訪れる価値がありそうです(とは言え、基本平日は店休日)。

交通は加計スマートICより15分弱。もちろん五日市方面からの下道でもOK。営業は土日祝と月曜で、冬期休業。閉店時間は夕方くらいという事で、事前に電話をした方が安全かも!?

  • 料理がオススメ!!
  • 自然と田園ののどかさに注目。
  • 特等席♪小滝のテラス

店内は小テーブルと大テーブルが一つずつ+カウンター席のみ。小さくて素朴ながらも木材の力強さを感じさせる、今中敏幸氏による個性的な建築。山間部のカフェに定番の薪ストーブは、オフシーズンでも雰囲気があっていいですね。

テラスはすぐ隣に小さな滝が流れ落ちるマイナスイオンな特等席。料理の味は間違いなく引き立ちます。木立に囲まれているので葉っぱなど当たり前のように落ちてきますが、そういうのがむしろいいんですね。

見上げれば緑。食事を頂きながら山の音と匂いがとても近い距離で感じられる、ピクニックとはまた違った自然の感じ方が大人向けの魅力。

小さなカウンター席もあります
食材となるたまねぎ
アンティークなランプ
ランチメニュー
お惣菜
お惣菜
ジェラート
お店の裏側には小さな滝が
湯来町の田園風景